生理期間の快適な過ごし方は?ナプキン選びがコツ!

近年、生理用ナプキンは紙ナプキン(石油系のケミカルナプキン)が一般的でした。

 

あとは、流せる紙ナプキンもあるという程度で。

 

ケミカルナプキンは薄くてもモレにくくいちばん多くの女性に使われてきました。

 

もれにくい理由は、
ナプキンの中に使われている高分子ポリマーが経血をすばやく吸収し冷やし固めるから。

 

それが冷えやムレにつながっていたのですが…

 

生理期間はデリケートな肌部分がさらに敏感になるので、トップ素材の薬剤もカユミやカブレになったりするのです。

 

このようなトラブルに悩む人が多くなったことから布ナプキンが開発されてきました。

 

そして最近は、布ナプキンも研究されとても優れた商品が増えています。
便利さからトラブルへ
そしてよりよい生理用ナプキンへと
研究されてきた今は
違いを知って使い分ければ
とても心地よく過ごせるのです。

 

知れば知るほど生理用ナプキンの世界は広く深いです。

 

わたしは布の専門職で下着のこだわり派でもあるので、多すぎて迷うあなたに選び方のポイントをわかりやすくお伝えしたいと思います。

 

布の性質を知れば適切な布ナプキンの選び方がわかるからです。

 

生理用ナプキンは何がいいのだろうか?と疑問を持つあなたにお役に立てばうれしいです。

 

 

 

布ナプキンが気になるけれど…効果はあるの?

 

布ナプキンを使って最初に感じるのは肌ざわりのよさと通気性がよく蒸れないことです。

 

ムレないと臭いもしません。

 

肌に触れる面がポリエステル系か?紙か?布か?で心地よさが違うのは当然ですよね?

 

敏感肌でカユミやカブレなどがある方には布ナプキンかオーガニック紙ナプキンがいいです。

 

トラブルはなくても、布の心地よさは捨てがたいと思います。

 

但し、少し手間がかかるのと家族がいると難しい面もありますが、ひとり暮らしだと実践しやすいです。

 

この手間は意外と気にならないひとも多いのですが、外出時の持ち帰りは無理!な人も少なくないですよね?

 

そんな方には、布ナプキンだけでなく紙ナプキンも併用がかんたんで楽です。

 

 

今は生理用ナプキンの種類が多いありがたい時代♪

生理用ナプキンは、それぞれの機能の特性を知れば選び方も使い方もわかります。

 

理由は、素材の違いだけでなく個々の商品の違いも大きく差があるから!

 

ケミから紙へさらに布へとその差は大きいですが、布の中にも違いが想像以上にあるのです!

 

 

生理用ナプキンは石油系の紙ナプキン、パルプ素材のオーガニックコットン紙ナプキン、布ナプキンと素材は大きく分けて3種類です。

 

かんたんに言うと、ポリエステル系、紙、布、です。

 

ポリエステル系と紙のミックスもあります。

 

いちばん多く使われているのは、紙ではなくポリエステル系なんですね。

 

生理用ナプキンの種類に関しての詳しい記事はこちらに書いています。

 

 

 

布ナプキンは最も機能の違いが大きい生理用品なんですよ!

意外ですが布ナプキンは、メーカーや商品により最もデザインも機能も違いが大きいのです!

 

ということは布ナプキンにしておけば体にいい!という単純なことではなくて質にも違いがあるし、自分との相性もあります。

 

布ナプキンに比較すれば、ケミカルナプキンやオーガニックコットン紙ナプキンのブランド違いや構造の違いは少ないです。

 

布ナプキン選びのいちばん大切なことは機能性です。

 

つまり、肌触りがいい、通気性がいい、蒸れない、漏れない、刺激がないのでカブレない、などですね。

 

この違いは、布の素材と質、重ね方の違い、形、縫い方、これらのすべてが関連します。

 

同じ木綿の糸でも織りか?編みか?どういう織なのか?で機能は変わってくるのです。

 

織とは布のこと、編みとはTシャツや肌着の編みもの組織でできている素材のこと。

 

大きなメーカーさんでもどうしてこの素材を表面に使うの?という商品もありますから賢く選んでほしいです。

 

 

素材の特徴、形の機能性
そのどちらも理解して自分の生活スタイルに合うものを選べることが大切です。

 

自宅が多い方、外出先でもお仕事がデスクワーク、営業で歩くことが多いなど、環境の違いでもしっくりくるものは違いますよね?

 

体形や体の動かすクセでも布ナプキンの形の違いで合う、合わないがあります。

 

詳しい説明はこちらに書いています。

 

布ナプ生活に切り替えるにはハードルが高いと感じる方は、ケミカルナプキン、オーガニックコットン紙ナプキン、布ナプキン、使い捨て布ナプキンを併用もおすすめです。

 

自分に合う生理用品が選べて適した使い分けができれば過ごしやすくなります。

 

 

 

生理用ナプキンの選び方は?状況によって使い分ける。

生理用ナプキンの種類はとっても多いです。

 

以前は生理用ナプキンは石油原料のケミカルナプキンと流せる紙ナプキン(パルプ原料)の2種類だったのです。

 

ですが最近は、ほんとうの紙ナプキンもトップはオーガニックコットンにこだわるタイプもあります。

 

普通の紙である天然原料が主で石油系とミックスの紙ナプキンもあります。

 

洗って使う布ナプキンは素材も形もとても豊富です。

 

さらに、使い捨ての布ナプキンもできました。

 

 

 

ケミカルナプキン
天然原料が主の紙ナプキン
オーガニックコットン紙ナプキン
布ナプキン
使い捨て布ナプキン

 

と選べて恵まれた時代です。

 

 

 

おすすめの布ナプキン。それぞれの価値が捨てがたい

布ナプキンのブランドは数多く各メーカーさんはとても工夫して作られています。

 

また、すべての商品が優れているわけではなく質もセンスも差があります。

 

そう、布ナプキンはショーツ選びと同様に考えて選んでほしいですね?

 

形も素材も構造も特徴はブランドによってかなり違い、それが機能の違いになっています。

 

知らなくて適当に選ぶのはもったいないですよ。

 

使い方のコツは、その布ナプキンの特性を正しく把握できて使い慣れるまでは、同じブランドで組み合わせることです。

 

わかってきたら、A社のホルダーにB社のプレーンという組み合わせもできます。

 

 

間違い例.
1: 防水シート入りのホルダーに防水シート入りのパッドをセット
⇒通気性悪すぎ!

 

2:多い日に防水シートなしのホルダーに貫通しやすいワッフ地のプレーンをセット
⇒漏れる可能性あり

 

 

布ナプキンのおすすめブランドの特徴をご紹介♪

布ナプキンは布でふわっとやわらかければいいのではありません。

 

布は、素材、織り組織、端始末の違いでも、快適感やモレにくさに関連するのです。

 

”木綿ならどれも通気性も吸収力も同じ”、ではないんですね。

 

機能が優れていて自分との相性もよく好みであることが大事。

 

ここでは特に優れたおすすめのブランドの特徴をかんたんにご紹介します。

 

リンテン、コトリワークス、華布はそれぞれ捨てがたい優れたオリジナル性があります。

 

各ブランドの詳細は別記事で書いています。

 

⇒おすすめの布ナプキン

 

 

リンテンの布ナプキン

一体型のおすすめです。
防水布なしで漏れないのはすごいと思います。

  1. オーガニックコットンは肌面にネルを使わないのでべた付かない!
  2. リネンはさらっとした感じが心地いいし汚れ落ちがいい。
  3. バイヤス始末はお洗濯しても丈夫で伝い漏れしにくい。
  4. 防水布を使わず薄くても漏れないパイル素材の吸収力、保水力がすごい!
  5. 防水布を使っていないので通気性が抜群!

 

リンテンの詳細は

 

 

コトリワークスの布ナプキン

さらっと汚れ落ちもよいリネンの布ナプキンで自由度の高いのが特徴です。

 

  1. リネンは肌がべた付かない
  2. 汚れ落ちがよく通気性もいい
  3. 防水布は天然原料

 

コトリワークスの詳細は

 

華布の布ナプキン

オリジナルなワッフルの素材が秀逸で使うとファンになる、優れモノです。

  1. 木綿でも華布のワッフルはふわっとして放湿性がいい!
  2. ワッフル織のハンカチタイプは汚れ落ちもよく乾きの速さが抜群!
  3. ホルダーの防水布は透湿防水シートでムレにくいです。

 

華布の詳細は

 

 

今治タオルの布ナプキン

ふわっとやわらかいガーゼ織が特徴の今治タオルの布ナプキンです。

  1. ガーゼは敏感肌に刺激がない
  2. ふわふわガーゼはべた付かない
  3. 抗菌性、防臭性のある銀を糸に練りこんでいる

今治タオルの布ナプキンの詳細は

 

パンティライナーは布がいい理由とは?

生理は月の4分の1〜5分の1くらいですが、パンティライナーは場合によっては毎日です。

 

だからこそ、肌への影響も大きいので紙よりも布製がおすすめです。

 

おりものライナー
軽い尿モレライナー
冷え取りライナー

 

パンティライナーは、その用途によって選ぶポイントがあります。

 

生理の少ない日用の布ナプキンが、おりもの、尿モレ、冷え取りに合うとは限りません。

 

人は頭のてっぺんから足裏まで毛穴がありますから防水シートでふさぐのはよくないので生理用ナプキンでは向かないのです。

 

微々たる影響でも毎日の積み重ねは小さくはないので適した選び方をしたいですね。

 

 

 

サニタリーショーツは進化している!!

サニタリーショーツも機能は結構違います。

 

サニタリーショーツはファッションの違いによっても使いやすさは分かれると思います。

 

昔は防水布がついているサニタリーショーツが一般的でした。

 

近年は生理用ナプキンが進化しているので、多い日でも防水布なしでもモレないという声もあります。

 

個人差もありますがモレなければ通気性がいいので防水布はない方がいいのです。

 

ここでは、オリジナルな特徴のあるサニタリーショーツをご紹介します。

 

 

TOPへ