布ナプキン【多い日や外出時】は使わなくてもいい !

布ナプキンて健康にもよさそうだし肌触りがいいと聞くと試してみたい気になりますね?

 

ですが、抵抗があるのは、汚れたものを洗濯することに…うーん、と二の足を踏みがち。

 

浸けおきってどこに置くの?
一人暮らしならお風呂や洗濯機のそばでもいいけれど、家族がいれば気になります。

 

また、外出時に、使用済み布ナプキンをポーチに入れて持ち帰る?!と、ここも…

 

しかも落ちやすいようにセスキスプレーを持参して吹きかけて内側にたたんで持ち帰るとか、これも悩みます。

 

そして布ナプキンを試せないまま過ぎていきます。

 

 

 

多い日は使い捨てナプキンが楽!

布ナプキンを始めたいと思ったらいきなり完全に切り替えようと思わなくていいのです。

 

多い日は今までどうり使い捨てナプキンでいい、と割り切ると楽です。

 

少しづつ慣れて切り替えていってもいいし、ずっと使い捨てナプキンと布ナプキンを併用だっていいんです。

 

そうすれば多い日は今までどうりです。

 

少ない日は今までよりもずっと心地よく暮らせます。

 

多い日は2,3日だからあとの数日は快適になる、と考えただけでもうれしいですよね?

 

 

 

外出時も使い捨てがかんたん♪

布ナプキンの新しいのをバッグに入れて置くのはいい、でも使用済みのはちょっと…

 

別のトートバッグみたいなのにすればいいかな?とか。

 

いくつも持ってどっかに忘れたり落としたりしたら最悪…など不安は残りますが…

 

外出時は使い捨てにする!と決めてもいいのです。

 

そうすれば、セスキスプレー容器も持ち歩かなくていいし。

 

いままでどうり外出時は使い捨てナプキンにするとしても

 

布ナプキンの存在と心地よさを知ったら、もっと良い方法も思いつきます。

 

 

 

だけど、今までよりは体が快適なことをしたい

布ナプキンは体にもよく肌触りも心地いいとを知ってしまったら、

 

多い日や外出時は
めんどうだから使わないと割り切っても、少しは良い方法にしたい…ですよね?

 

幸いなことに今の時代は生理用品の種類もメーカーも多いのでいくらでも改良案があります。

 

 

ケミカルナプキン+使い捨て布ナプキン

例1)ケミカルナプキンは吸収力があってモレにくいから、上に使い捨て布ナプキンを重ねる。

 

ケミカルナプキンの薬剤を使ったポリエステル素材は直に肌には触れていないから、カブレやカユミ改善効果は期待できる。

 

⇒肌触りはよくなり、一緒に今までどうり捨てられる。◎

 

⇒解決できなかったことはムレ?通気性は今までどうりだから。

 

 

オーガニック紙ナプキン+使い捨て布ナプキン

例2)ケミカルナプキンの吸収剤である、高分子ポリマーは下から冷やすからやめたい、
⇒@案、オーガニックコットン紙ナプキンにする。

 

⇒A案、オーガニックコットン紙ナプキン+使い捨て布ナプキンにする。

 

⇒肌に触れる部分が布になるので、ポリエステルよりも紙よりもここちいい。

 

これでモレないとわかったらこれもいい。

 

モレなければ、通気性、冷え、ムレは解決できる。

 

⇒少しごわごわ感はあるかも知れないけれど⇒いくつか試してよいものを選べばいいかも?

 

そのうちに慣れれば、少ない日は持ち帰りもできそう…

 

100円ショップの100mlのスプレー容器ならかさ張らないので、セスキスプレーも携帯できそうですね?

 

といくらでもよい工夫はできますね?

 

とにかく、布ナプキンは試してみる価値はあります。

 

わたしは過ぎた年月をやり直したくなったほど。

 

使い捨て布ナプキンに関する記事はこちら

TOPへ