生理用のナプキンは種類が多い。選び方のコツを知って賢く使おう!

今の時代ほど生理用ナプキンの豊かな時代はないと思います。

 

それなのに今までどうり使い捨て紙ナプキンで当たりまえとか考えてみることさえしないのはもったいないです。

 

もっとずっと心地よく生理期間を過ごせる方法はあるのに…

 

内部に装着する方法はなるべく避けた方が無難だと思います。

 

敏感な粘膜や肌に薬剤も使われている生理用品を直接装着することはちょっと考えてもよいことではないでしょう。

 

自分で自覚するほどその害が大きくないだけです。

 

また、あってもそれが原因だと気づかないだけです。

 

なのでこのサイトでは、生理用ナプキンに絞ってご紹介しています。

 

 

生理用ナプキンを正しく選べるには?素材を知る!

生理用ナプキンは一見すると紙か布のどちらかに見えます。

 

ですが、実は、石油系?バルブ系?布系?に分類されます。

 

さらに、ミックス系もあるし、紙でも布でもなるべく薬剤を使用していないオーガニックにこだわったものもあります。

 

さらに、その質にも差があり、デザインにも構造にも違いがあってセンスだけでなく、機能にも違いがあります。

 

それを見分けて賢く選んでほしいものです。

 

 

一般的な紙ナプキン(ケミカルナプキン)

ケミカルナプキンは薄くてもモレにくいのですが、カユミやカブレがが起こる人もいます。

 

経血を吸収し冷やし固めるポリマー使用が漏れにくいメリットであり冷えるデメリットでもあるわけです。

 

価格も安く扱いも楽で使っている人は多いです。

 

外出や旅行、多い日は重宝します。

 

 

主原料が天然由来の紙ナプキン

主原料が天然由来の紙ナプキンです。

 

ほんとうの紙(パルプ)ですが肌に触接触れるトップだけオーガニックです。

 

成分的に見ればオーガニックコットン紙ナプキンとケミカルナプキンの中間です。

 

肌を守る、機能も下げない、価格が安いということがメリット。

 

ケミカルナプキンでトラブルが起こるけれど主原料がパルプなのでは大丈夫だし洩れないという愛用者もいます。

 

以前のいわゆる”流せる紙ナプキン”です。

 

流れても現時点では流してはいけないことになりましたが内容は同じです

 

 

オーガニックコットン紙ナプキン

ケミカルナプキンでは、カユミやカブレが起こる人に人気です。

 

少しごわつき感や多い日はべた付き感を感じることもあります。

 

肌触りは普通で冷えませんし捨てるだけなのでかんたんです。

 

トラブルは解消したいけど布ナプキンを洗うことには抵抗がある人には必需品です。

 

価格はケミカルナプキンより少し高め。

 

 

布ナプキンは種類の多さにびっくり!

肌触りが心地よく温かいのですが扱いは少し手間がかかります。

 

しかし布ナプキンの出現がもたらした生理期間の快適な過ごし方への変化は大きいです!

 

カユミやカブレも消え経血の量が少なくなったという声も多いです。

 

価格はかなり高く感じるのですが何年も使えるので意外に使い捨てと変わらないくらいです。

 

布ナプキンはとても種類が多いのです!!

 

  • 布ナプキンは機能性雑貨と思えるほど

選び方や組み合わせ方に自由度も高くいろいろ試し快適なものを見つける楽しさもあります。

 

結果、年々より快適に自分スタイルを確立できることが大きなメリットです。

 

ただこなしていた手間を積極的に向き合えて、さらに快適な良い方法に進化できるって希望がありますよね?

 

これってすごいことだと思いませんか?

 

 

たった一つ、
布ナプキンのことを考えていたら
自分の体にちゃんと向き合い
ていねいに扱えて

 

インナーウエアから
ファッションまで
日常生活全般が
ていねいな暮らし方になっていた…と感じるのです。

 

ぜひ、あなたも心地よく生理期間を過ごせて、いやでない日に感じてほしいです!

 

今までよりもずっと心地よい自分スタイルをぜひ見つけてくださいね!

生理用ナプキンの種類記事一覧

生理用ナプキンのことは日常的にそんなに話題にはならないのであまり深く考えることは少ないですよね?テレビコマーシャルで見て、よさそう!使ってみようかな?と思うくらいでは?ですが、NHKで布ナプキンが取り上げられた時、カユミやカブレで辛い人が多い事実には驚きました。カユミやカブレの原因は、個人差もあると思いますが長時間ムレる状態であることも要因らしいのです。また、ナプキンが石油原料で化学物質の薬剤が多...

オーガニックではないけれど主原料が天然由来の紙ナプキンもあります。ケミカルナプキンでは肌にトラブルが起こるけれど、オーガニック紙ナプキンは漏れないか不安だしお値段もちょっと高い、という方に人気です。実際にケミナプでトラブルはないと感じている人もできたらもっと安全なほうがいいかな?という場合もおすすめです。

オーガニックコットン紙ナプキンは、パルプ原料で出来ている紙ナプキンです。肌に触れるトップの素材は農薬や薬品をできる限り使わない作り方です。使い捨てできてカユミやカブレが起こらないので愛用者は根強くいます。一般的な石油系の紙ナプキンではトラブルが起こるけれど、布ナプキンを洗う手間は無理という環境は少なくないですから。

布ナプキンは、ケミカルナプキンよりもオーガニック紙ナプキンよりも心地よく温かく使わないのはもったいないです。ですが、多い日の持ち帰りや洗うことにハードルは高く誰もができる環境ではないでしょう。だから毎日ではなく使い分ければいいと思います。多い日は使い捨てナプキンにする、という選択肢もあっていいと思います。布ナプキンはブランドによって違いが大きいので何を選びどう使うかで手間もかんたんにできるのです。...

布ナプキンを知ったとき、心地よさ最高!と思ったのですが、多い日は洗いたくない!と思いました。布ナプキンを使い捨てしたい、と思ったほど。しかし、この可愛い色柄はもったいないから、生成りで縫製はそっけなくてもいい。要するに、紙ナプキンは飾りっけないから、その布版であればいいのでは?と思ったり、ですが、もし全女性が捨てたらゴミが多過ぎてそれも問題ですよね?最近、表れたのが、使い捨て布ナプキンです。ああ、...

TOPへ