生理でカブレやカユミの経験がある人は二人にひとりと言われています?!

生理用ナプキンのことは日常的にそんなに話題にはならないのであまり深く考えることは少ないですよね?

 

テレビコマーシャルで見て、よさそう!使ってみようかな?と思うくらいでは?

 

ですが、NHKで布ナプキンが取り上げられた時、カユミやカブレで辛い人が多い事実には驚きました。

 

カユミやカブレの原因は、個人差もあると思いますが長時間ムレる状態であることも要因らしいのです。

 

また、ナプキンが石油原料で化学物質の薬剤が多量に使われていることや、経血を吸収し冷やし固める高分子ポリマーが原因とか。

 

しかし、今でも石油系の紙ナプキンが一番多く使われています。

 

理由は、安くて手軽だしコマーシャルも多いので知名度が高く、それがあたりまえだと認識されている環境だから。

 

私個人の経験では、漏れにくい、少し冷える感じはあった、ムレからくる臭いも少し感じたし、カユミやカブレはなかった。

 

身近な人からもカユミやカブレは聞かなかった。

 

快適ではなかったけれど、こんなものかな?くらいだったのです。

 

 

 

紙ナプキンは実は紙ではなく石油で作られていた!

あなたは使い捨て紙ナプキンは何で作られているのか?って考えたことありますか?

 

わたしは何も考えず、紙で出来ていると思っていました。

 

つまり、パルプが原料だと思って思っていたのです。

 

流せる紙ナプキンもあったのですがそれも深くは考えず、友人宅に行くときなどは流せるのがいいと思い使っていましたが、

 

なぜ、流せるのと流せないのがあるのか?も考えませんでした。

 

 

ですが布ナプキンが現れてから、
今まで使っていたナプキンの原料は、ポリエステル、ポリエチレン、高分子ポリマー、漂白した不織布、デオドランド剤など、石油系の化学物質だと知ったのです。

 

薄くて漏れにくいし、スーパーや薬局にあるのはほとんどがケミカルナプキンですから。

 

そのまま受け止めるだけよりも、高分子ポリマーは強く吸収し冷やし固める作用があるのでモレにくいのは当然ですよね。

 

それが、冷え、ムレ、カユミ、カブレにつながる場合もあるのです。

 

 

※補足:不織布の素材にはコットンや麻、ウールなどの天然素材をはじめ合成繊維、再生繊維、さらには紙の原料であるパルプなど、あらゆるものが使われます。

 

繊維を織も編みもせずに、化学的作用により結合、あるいは絡み合わせたシート・ウェブまたはパット状のものが不織布です。

 

 

 

ケミカルナプキンの構造は?

ケミカルナプキンの構造は、肌にあたる部分は、漂白されたポリエステル、ポリプロピレン、レーヨンなどの不織布。

 

内部には、高分子ポリマーなどの吸収促進剤、消臭目的のデオドラント材、香料など化学物質が使われています。

 

ただ、生理用ナプキンは医薬部外品なのですべての原料を明記する義務はないので書かれているのは全部ではありません。

 

 

A社のケミカル紙ナプキンの構造

 

ある、昼用の商品詳細に明記されている一部です。

 

【商品詳細】
●新開発「フルスピード吸引シート」で吸収スピード2倍にUP!
●高吸収ポリマーが奥でしっかり閉じ込め、表面はずっとさらさら!
●頼れる薄さ1mmの吸収シートは、どんなに動いても、しなやかフィット!アウターにもひびきません。
●全面通気性シートでムレにくく、やさしい肌ざわり

 

【構成材料】
表面材:ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリエステル

 

Q: 薬剤がたくさん使われている素材がデリケートな肌に密着していては、害が全くないとはいえないでしょう?

 

 

B社のケミカル紙ナプキンの構造

 

【商品詳細】
●新「寝返りフィット吸収体」で、●●史上最強の寝返りモレ0へ!

 

【●●の原材料】
表面材:ポリエステル、ポリエチレン

 

こちらも原材料はとてもシンプルな表記です。

 

しかし、どちらも石油が原料で他の薬剤も使われていることはわかりますし、石油以外のパルプのようなものは使ってなさそうです。

 

A社、B社、の両商品はテレビコマーシャルでもよく見かける生理用ナプキンです。

 

 

 

ケミカルナプキンのまとめ

ケミカルナプキンの健康への害はあるの?

専門家でも害はあるかどうかは意見が分かれています。

 

たしかに、子宮にまで薬剤は吸収はしないと思いますが、直接触れる肌や粘膜に害はないとは思えないです。

 

多少はあっても気づかないレベルではないかと。

 

敏感な人はカユミやカブレは起こっているし、オーガニックコットン紙ナプキンや布ナプキンにすることでたいてい改善されています。

 

なので、ケミカルナプキンによる害はある人も、ない人も、少しなので気づかない人もいると思います。

 

ケミカルナプキンの薬剤が子宮まで吸収されるか?に関してはデマというの当たっていると思うのですが、肌に触れる害はあるのでは?、と思うのです。

 

冷えは確かに感じますし、ムレもありますから。

 

受け止めた経血をケミカルナプキンが、化学の力で強力に吸収し冷やし固めるとモレないですが、ちょっと不自然ですよね?

 

個人的感想としては、繊維の織り方の力で吸収力UPし保有力の強さもあるのが望ましいと思います。

 

経血を受け止めた下のナプキンに化学の力でそこまでしてほしくない、と思います。

 

適度に取り換えれば問題なく過ごせると思いませんか?

 

 

ひとりひとりが心地よく過ごせる方法は選べる時代♪

 

ケミカルナプキンは売っているところが多いし、価格も安いです。

 

薄くても漏れにくいです。
長時間トイレに行けない場合はべた付かず漏れないのはありがたいことなので使い分ければいいのでは?

 

今日からケミカルナプキンは一切ダメなのではなく…使い分ければ重宝します。

 

また、ケミナプはやめて、ほんとうの紙ナプに変えるだけでも、カブレやカユミは解決します、少し分厚くはなりますが。

 

ケミカルナプキンの表面に使い捨ての薄い布ナプキンを乗せるだけでも直に薬剤には触れません。

 

 

こんな選べる環境なのですから体にもよくて使い心地もいい生理用ナプキンを選んで使い分け快適に過ごしましょう!

 

TOPへ