主原料が天然由来の紙ナプキンは?ケミナプより肌にやさしく安価!

オーガニックではないけれど主原料が天然由来の紙ナプキンもあります。

 

ケミカルナプキンでは肌にトラブルが起こるけれど、オーガニック紙ナプキンは漏れないか不安だしお値段もちょっと高い、という方に人気です。

 

実際にケミナプでトラブルはないと感じている人もできたらもっと安全なほうがいいかな?という場合もおすすめです。

 

 

【セペ 肌にやさしいナプキン】は?ケミカルの機能性を捨てがたい人に人気!

『セペ 肌にやさしいナプキン』は、天然由来の原料が85パーセントの紙ナプキンです。

 

前の『セペ 流せるナプキン』と内容は同じなのですが、今は流すことは禁止されているのでパッケージが変わったのです。

 

エコ推奨時代の流れで節水のため水圧を下げているトイレもあることが理由です。

 

なので、お家のトイレで流してみたら流れると思いますが流さないでエチケットボックスに捨てましょう。

 

 

肌に当たるシートの約85%が天然由来素材のレーヨンとパルプで、中の吸収部分はレーヨン100%で極力抑えた量のポリマーも使用しています。

 

そのためモレにくくカブレもないと人気です。

 

成分的に見れば、オーガニックコットン紙ナプキンとケミカルナプキンの中間です。

 

肌を守る、機能も下げない、価格が安いということがメリット。

 

オーガニックコットン紙ナプキンと違うのは、素材は同じでも育て方が違うわけです⇒低価格にできた理由ですね。

 

無農薬野菜と普通に農薬も使って育てた野菜の違いみたいなものです。

 

それでも、原料が石油か?パルプか?の違いは大きいですし、85%が天然原料です。

 

吸収部分にポリマーも最低限使われていることが漏れにくさになっています。

 

しかし、ケミナプよりは厚めです。

 

ケミカルナプキンではカブレてもセペではカブレない人は多く、価格も安いので重宝です。

 

  • セペの肌にやさしいナプキン

 

(28コ入x2コセット)
【セペ】[生理用品]

 

600円、送料は別

 

以前にあった流せるナプキンと内容は同じでパッケージが変わっただけですが、トイレには流さないでエチケットボックスに捨てるのが今のマナーです。

 

 

詳細はこちら

 

TOPへ