ぱんてぃライナーこそ布であるべき!

ぱんてぃライナーはどのくらいの人が使っているのでしょうね?

 

おりもの、冷えとり、軽い尿モレ対策や、お気に入りのショーツをずっときれいに使いたいからなど理由はいろいろ。

 

生理のほぼ終わりかけにぱんてぃライナーを使うこともできます。

 

防水布を使っていないから通気性がいいことも心地いいのです。

 

生理用ナプキンのポリエステル素材や薬剤がムレ、カユミ、カブレになるなら、ぱんてぃライナーは生理以外毎日使うので影響も大きいですよね?

 

テレビコマーシャルでは、紙の使い捨てシートしか見かけませんが石油系やパルプ原料よりも布がよいと思いませんか?

 

また、防水布はない方がいいですね?毎日だから。

 

通気性のなさは密閉感がして、
子宮も呼吸しているのかな?と感じるくらいですから通気性は大事なのです。

 

 

 

パンてぃライナーは意外にメリットは大きい!

  • ぱんてぃライナーのメリット

ぱんてぃライナーをおりもの対策で使う場合はお気に入りのショーツをずっときれいなままで使えますし長く傷みません。

 

冷えとり対策では温め効果が思ったよりもあって夜トイレに起きなくなったり尿モレが改善したりも。

 

このことは股下からも冷やしてはいけないことがわかります。

 

 

  • そこでいろいろ試してみた感想は、

素材は通気性があって肌にぴたっとくっつかないのがいい。

 

コットンでもトップはネルじゃない方がいい。

 

オーガニックの凹凸のあるコットンのワッフルやニット素材、ソフトなシルクなどがいい。

 

生理の少ない日用のネルに防水布も使っている薄手の布ナプキンは密封感があって不向き。

 

形はいろいろありますが小さすぎも大きすぎも向きません。

 

ひびかないようにと小さすぎるとよれたりずれたりします。

 

最低16cm程度はある方がよいと思いますがショーツにより小さい方が合う場合もあります。

 

ズレたり折れたりしない方がいいので角は丸い方がいいです。

 

  • 使い心地よくないと思ったのは、

オーガニックコットンでも使い捨ての紙製。
防水布を使っているもの。
トップがネル。
小さすぎるもの。

 

 

おすすめのパンティライナー

素材、織り方、形、大きさで使い勝手がいいものは決まります。

 

パンティライナーは使う目的に応じて素材で選ぶ

生理の終わりかけにも使えます。

 

冷え取り、おりもの、軽い尿モレにも布ライナーがいいです。

 

吸収力の強いパイルは使っていなくて撥水性のあるコットンを中に使っています。

 

布ナプキンは4層でライナーは3層です

 

場合によっては毎日なので紙ではなくオーガニックな布製であるべきだと思います。

 

微量でも積み重ねで結果は小さくはないと思いませんか?

 

オーガニックコットンは肌触りがやわらかい。

 

リネン(麻)は、吸湿性、放湿性は綿よりもいいのでサラッとしています。

 

シルク(絹)は毒を吸収するといわれ吸湿性も放湿性もよく年中使えます。

 

目的に応じて素材のもたらす効果は違いがあると思います。

 

 

公式サイトは↓↓↓

布ナプキンLINTEN

 

 

 

パンティライナー

撥水加工しているコットンを中に使っているので通気性がいい。

 

冷え、おりもの、軽い尿モレ、ほぼ終わっているときの生理用にもいいです。

 

ライナータイプ

 

 

 

華布の布ナプキン 極み

オーガニック の濃い生成りは未ざらしでこのオリジナルなソフトな布が魅力です。

 

織がデコボコして肌に密着しなくてふわっとしています。

 

Mサイズ 3枚入り
メール便送料無料
日本製
3,630円

 

付けた状態で一番長いところが18cmなのでちょうどいいと思います。

 

※ おりもの用布ライナーなので生理に使うと貫通します。
冷えとりにもおすすめ。

 

 

華布ライナー

 

 

普段使い用の布ナプキンライナー【あたため布】

布ナプキン極みとの違いは、一番下の布がやや水分を止めやすいこと。

 

ワッフルより一番下の木綿が織が詰まっていますから。

 

冷え取りやおりものだけでなく軽い尿モレにも向いています。

 

おはじき柄Mサイズ
オーガニックコットン
温活 妊活 おりもの 尿モレ
メール便送料無料 1枚入り
日本製
1,650円

 

 

華布 温め布M

 

 

他の商品もご覧になりたい場合は

布ナプキン 華布

 

 

TOPへ